Uberは新型コロナによる在宅勤務を2021年9月中旬まで延長

Uberは米国時間2月18日、在宅勤務を2021年9月13日まで延長することを従業員に通知した。

「延長の検討においては、各国が異なる回復ステージにあるという事実、新学年の開始など、最新の科学的データや専門家の意見を参考にしました」と同社のCPOであるNikki Krishnamurthy(ニッキ・クリシュナマーシー)氏は従業員への電子メールに書いた。この電子メールはTechCrunchも内容を確認した。「CommOps、IT、その他の部門の一部従業員がオフィスに出社しなければならないことは理解しています。ですので、所属部門が導入した規則の範囲内で業務を継続してください。ただし、いつものことですが、健康上の懸念を抱えている人に出社は強要しません」。

Uberはまた、可能になったときには新型コロナウイルスのワクチンを接種するよう推奨している。電子メールの中でクリシュナマーシー氏は、ワクチン接種のためにUber従業員は仕事を休むことができると述べた。

2020年8月に同社は従業員に2021年6月まで自宅から働くことになると通知した。他のテック企業はというと、Google(グーグル)は2020年7月に在宅勤務措置を2021年6月までに延長し、Facebook(フェイスブック)は2020年8月にリモートワーク措置を2021年7月までに延長した。

関連記事:フェイスブックが新型コロナによる在宅勤務措置を2021年7月まで延長

新型コロナ後はUberはおそらくハイブリッドな勤務モデルを導入するとクリシュ氏は述べたが、まだ取り組んでいる最中だ。

「オフィスで一緒に働くことにどれくらいメリットがあるか、あるいは生産性やコラボレーション、エンゲージメントを減らすのか、我々はさまざまな面を考慮しています。現況や進捗状況を数週間以内にアップデートします」と同氏は書いている。

カテゴリー:シェアリングエコノミー
タグ:Uber新型コロナウイルスリモートワーク

画像クレジット:JOSH EDELSON/AFP / Getty Images

原文へ

(文:Megan Rose Dickey、翻訳:Nariko Mizoguchi