テクノロジー

Digi-Key、スマート農業などにフォーカスし即座にIoT展開ができる「プライベートLoRaWAN-in-a-Boxソリューション」

Digi-Key、スマート農業などにフォーカスし即座にIoT展開ができる「プライベートLoRaWAN-in-a-Boxソリューション」発表

電子部品ディストリビューター大手Digi-Key(ディジキー)は、おもにスマート農業、高精度農業プロジェクトにフォーカスした、即座にプライベートなIoTの展開ができるハードウェアとソフトウェアのセット「プライベートLoRaWAN-in-a-Boxソリューション」を発表した。Digi-Keyは、業界初となるこの製品の独占ディストリビューターとなる。

これは、オープン技術とアジャイル製造を提供するハードウェア開発企業Seeed Studio(シードステューディオ)による製品。買ってすぐに使えるLoReWAN(低電力広域ネットワーク)IoTセンサーおよびゲートウェイからなるハードウェアと、IoTデータ管理ソリューションを展開するソフトウェア開発企業Machinechat(マシンチャット)のソフトウェア「JEDI Pro Seeed Studio Edition」を統合したもの。「迅速なIoT展開と、ユーザーによるデバイスデータの完全管理を可能にする強化したセキュリティー機能を実現」するという。これにより開発期間が短縮され、技術的な複雑さとコストが低減される。

主な用途として、次のようなものが挙げられている。

  • データのロギングとモニタリングを必要とする社内または商用のIoTプロジェクト
  • スマート農業、温室モニタリング、造園、灌漑、および精密農業のユースケースシナリオ
  • 火災検知、冷蔵監視、畜産などの環境関連アプリケーション

「Seeed Studio SenseCAP LoRaWANソリューション」の特徴は以下のとおり。

  • LoRaWANプロトコルクラスAに対応
  • 超長距離のデータ伝送:見通しの良い場所で最大10km
  • 複数のISMバンドに対応:EU868、US915、AU915、AS923
  • イーサネットバックホールに対応。オプションでセルラーバックホールにも対応
  • 産業グレードの保護:エンクロージャーによる保護等級IP66。野外での利用可。-40°C~+70°C(SenseCAPセンサーは最大+85°C)で動作可能
  • 高い信頼性と安定性
  • センサーバッテリー寿命は3年以上

「Machinechat JEDI Pro Seeed Studio Edition」は、以下の特徴を備える製品としている。

  • 統合されたSeeed Studioデータ収集装置を使用し、Seeed StudioのSenseCAP LoRaセンサーからデータをインジェスト(Chirpstackのインストールが必要)
  • 統合されたHTTP APIサーバー、TCPセンサー、MQTTブローカーを使用し、ほぼあらゆるデバイスやセンサーからのデータを収集(インジェスト)
  • 折れ線グラフ、面グラフ、タイルグラフ、レーダーチャート、データグリッドチャートにより、リアルタイムや過去のデータを視覚化するダッシュボードを構成
  • 統合されたルールエンジンを使用してデータを監視し、電子メール通知やSMSを作動させるか、外部スクリプトを実行(電子メール通知にはSMTPサーバーが必要。SMSにはTwilioアカウントが必要)
  • デバイスやマシンがオンラインかどうかを監視
  • データ収集装置とアクションプラグインを通じ、ユーザーのカスタムビジネスロジックをIoTデータに適用
  • 仮想データセンサーにより、デベロッパーやインテグレーターはプロジェクト展開シナリオのシミュレーションが可能
  • ローコード:コーディングではなく設定にフォーカス
  • 統合データベースと管理されたローカルデータストレージにより、サービスとして実行するシングルアプリケーションバイナリー
  • SSLサポートとロールベースのユーザー管理による、ブラウザベースのユーザーインターフェース
  • 最大200デバイス・センサーをサポート
  • Windows、macOS、Linux、Raspberry Pi、BeagleBoneプラットフォームに対応

システムの中心となるゲートウェイ「SENSECAP LORAWAN GATEWAY」の価格は4万8674円(税抜)。その他、センサー類は1万2077円(税抜)よりとなっている。

-テクノロジー

© 2021 GAJET CLUB Powered by AFFINGER5