スーパーヒーロー作品の限界に「ザ・ボーイズ」は挑んでいる:ドラマレヴュー

スーパーヒーロー作品が映画にもドラマにも溢れるなか、新たに参入してきたAmazonプライム・ビデオの「ザ・ボーイズ」。コミックを原案としたこのドラマは、ひと昔前にはやった過剰な暴力表現を真面目に追求している。そのさまは、原作のもつ激しいパワーの出力をさらに上げることで、視聴者が受け入れられる“限界”を攻めているようだ──。『WIRED』US版によるレヴュー。…

続きを読む »

DJIがつくった“飛ばないドローン”は、子どものロボット教育にぴったりだ:製品レヴュー

ドローンで有名なDJIが開発した教育用ロボット「RoboMaster S1」。組み立てから始め、バトルやカスタマイズ、レーザー攻撃もできるこのロボットカーは、あらゆる年齢の子どもにロボット工学へのよい入口になるだろう。『WIRED』US版によるレヴュー。…

続きを読む »

支払いは「お好きな額で」。それはコミュニティのために存在する“正直”な商売

アフリカ系やカリビア系アメリカ人といったマイノリティが多く暮らすブルックリンのベッドスタイに、「Pay as you wish」(好きな価格をお支払いください)というポリシーを採用したヴィーガン・レストランがある。例えば、わたしたちが何かを食べるとき、自分の身体に何がいいかではなく、自分の財布で買える何かを考えることも少なくない。そんな資本主義のシステムの歪みに、オーナーのフランチェスカ・チェイニーは「Sol Sips」という10人も入ればいっぱいになる小さなレストランから抗う。…

続きを読む »