マイクロソフト、「PWABuilder 2.0」をリリース

マイクロソフトは米国時間4月18日、同社の「Progressive Web Apps」(PWA)開発ツールの新バージョンである「PWABuilder 2.0」をリリースしたと発表した。同社は5月6~8日に開催予定の「Build 2019」などで今後、PWAを大々的にアピールしていくと見込まれる。ただしこれは、ネイティブアプリの開発をおろそかにするという話ではない。…

続きを読む »

ガートナー、“クラウドオフィス”に関する4つの予測–パフォーマンス低下やコスト増など懸念

ガートナー ジャパンは4月17日、クラウド型オフィススイートに関して注目すべき4つの予測を発表した。今後3〜5年間に予想される重要な変化や動向を、従業員エクスペリエンスの切り口から「ワークストリームコラボレーション」「チャットボット」「仮想デスクトップ基盤」「契約」という4つの観点で考察している。…

続きを読む »

価格改定を繰り返すテスラの“柔軟性”に、消費者はついてこられるのか?

テスラが“手の届く”電気自動車として発売した「モデル3」。その象徴だったはずの35,000ドル(約392万円)の標準モデルが、わずか1カ月程度でオンライン販売が終了になった。グレードによっては値上げや装備の変更などが相次いでいる。こうした動きは「柔軟性がある」とも言えるが、テスラのユーザーやファンたちの不興を買う結果にもなっている。…

続きを読む »

上場へと向かうUber、見えない黒字化への道筋

配車サーヴィス大手のUberが上場申請を終え、早ければ5月にもニューヨーク証券取引所での株式公開が実現する見通しとなった。2018年の売上高は前年比42パーセント増の約113億ドル(1兆2,650億円)で、赤字は減ったものの、売り上げの伸びは前年の約半分にまで鈍化している。Lyftなどの競合の存在感が高まるなか、黒字化に向けた道のりは視界不良ともいえる。…

続きを読む »