ニュース

サムスンの「Galaxy S21」シリーズは、スマートフォンとして最高レヴェルのカメラを手に入れた:製品レヴュー

サムスンのスマートフォンの最新モデル「Galaxy S21」シリーズは、前年モデルより洗練されていながらも低価格になったフラッグシップモデルだ。価格が下がっても素晴らしいカメラは健在で、現時点で最高レヴェルの撮影品質をもつAndroidスマートフォンと言っていい──。『WIRED』US版によるレヴュー。

YouTubeでの「チェス談義」が、“人種差別”として削除された事件の真相

著名なチェスプレイヤーによるYouTube動画が、人種差別発言を含むヘイトスピーチであるとして削除される“事件”が起きた。研究結果や実験から見えてきたのは、動画の内容をチェックするアルゴリズムが「黒」「白」「攻撃」「防御」といった言葉を誤判定した可能性である。そこからは、AIの現段階での限界と課題が浮き彫りになってきた。

「原発」という知的負債:SZ Newsletter VOL.72 [SECURITY]

SZメンバーシップの今週の特集テーマ「SECURITY」に寄せて、10年の節目となる福島第一原発事故について、『ニュークリア・エイジ』から『地球の論点』を経て『人類とイノベーション』まで、ポール・ヴィリリオやイヴァン・イリイチからティモシー・モートンまでを読み解きつつ、現代における「安全」の臨界点について思索をつづる、SZメンバーに宛てた編集長からのニュースレター。

グーグルが挑んだ自社ゲーム開発の夢が、はかなく消えるまでに起きていたこと

グーグルがクラウドゲームサーヴィス「Google Stadia」専用のオリジナルタイトルを開発すべく立ち上げた社内ゲームスタジオを閉鎖し、従業員を解雇すると発表した。多くの優秀な人材を集め、最先端の技術を投入して始まった取り組みは、なぜ夢と消えざるをえなかったのか。いったい何が現場で起きていたのか──。グーグルの従業員や元従業員への取材に基づくレポート。

グーグルが挑んだ自社ゲーム開発の夢が、はかなく消えるまでに起きていたこと

グーグルがクラウドゲームサーヴィス「Google Stadia」専用のオリジナルタイトルを開発すべく立ち上げた社内ゲームスタジオを閉鎖し、従業員を解雇すると発表した。多くの優秀な人材を集め、最先端の技術を投入して始まった取り組みは、なぜ夢と消えざるをえなかったのか。いったい何が現場で起きていたのか──。グーグルの従業員や元従業員への取材に基づくレポート。

クラフト(手技)が豊かにする食と人間の関係:“触知性”とカームテクノロジーから考える「フードイノヴェイションの未来像」【アーカイヴ配信あり】

食の楽しみはおいしさはもとよりつくるところにもある。だとすれば、フードテックには手軽さだけでなく「クラフト(手技)」体験の拡張という道も見出せるはずだ。“触知性”に根差した幸福感を探求する渡邊淳司と、生活に溶け込む「カーム(穏やかな)・テクノロジー」のデザインを追求するmui Labを迎え、食のイノヴェイションにおける「人間中心のデザイン」の在り方をあらためて問う。「アイデアの種」を発信し続けるWIRED SZメンバーシップ発のウェビナーシリーズ第6…

クラフト(手技)が豊かにする食と人間の関係:“触知性”とカームテクノロジーから考える「フードイノヴェイションの未来像」【アーカイヴ配信あり】

食の楽しみはおいしさはもとよりつくるところにもある。だとすれば、フードテックには手軽さだけでなく「クラフト(手技)」体験の拡張という道も見出せるはずだ。“触知性”に根差した幸福感を探求する渡邊淳司と、生活に溶け込む「カーム(穏やかな)・テクノロジー」のデザインを追求するmui Labを迎え、食のイノヴェイションにおける「人間中心のデザイン」の在り方をあらためて問う。「アイデアの種」を発信し続けるWIRED SZメンバーシップ発のウェビナーシリーズ第6…

クラフト(手技)が豊かにする食と人間の関係:“触知性”とカームテクノロジーから考える「フードイノヴェイションの未来像」【アーカイヴ配信あり】

食の楽しみはおいしさはもとよりつくるところにもある。だとすれば、フードテックには手軽さだけでなく「クラフト(手技)」体験の拡張という道も見出せるはずだ。“触知性”に根差した幸福感を探求する渡邊淳司と、生活に溶け込む「カーム(穏やかな)・テクノロジー」のデザインを追求するmui Labを迎え、食のイノヴェイションにおける「人間中心のデザイン」の在り方をあらためて問う。「アイデアの種」を発信し続けるWIRED SZメンバーシップ発のウェビナーシリーズ第6…

ブロックチェーンを用いたマイクロソフトの「分散型ID」が、実装に向け動き始めた

マイクロソフトが開発してきたブロックチェーン技術による分散型IDシステムのパブリックプレヴュー版が4月に公開される。事前検証済みのデジタルIDを用いる新たなプラットフォームは、本人確認や資格の証明をはじめとする手続きの簡略化と信頼性の向上が期待される。その一方で、相互運用や実装面での課題も浮き彫りになっている。

政治広告の監視を追い払おうとするフェイスブック、根拠は「プライヴァシー保護」

政治関連の広告掲載を3月に再開したフェイスブック。その停止期間中におこなわれた学術調査では政治に関する偽情報が報告されたが、これに対して同社は訴訟をもち出し調査をやめるよう要求。その言い分とは「ユーザーのプライヴァシー保護」だった──。ターゲッティング広告をめぐり批判に晒されてきた同社が「プライヴァシー擁護者」の名の下に監視を追い払おうとするさまをカナダ人SF作家のコリイ・ドクトロウが鋭く暴く。