アメリカンウイスキーには“指紋”があった!? たった1滴で銘柄を判別する方法が発見される

1滴のアメリカンウイスキーを蒸発させると、まるでクモの巣のような模様が残る。これが銘柄によって異なることを、米大学などの研究チームが突き止めた。模様は一種の“指紋”となることから、偽物の判別につながる可能性が期待されている。…

続きを読む »

ジョージ・フロイド事件がもたらしたアメリカ史の大きな曲がり角:ザ・大統領戦2020(18)池田純一連載

アメリカはいま、内戦一歩手前の状況に陥っている。10万人を超える死者を出した新型コロナ禍がいまだ収まらぬなか、民族差別というこの国の深刻な病巣への不信感が、瞬く間に感染爆発したからだ。混沌の社会に求められるリーダー像が、改めて問われている。…

続きを読む »

新しいApple Watchには「子ども向けの機能」が搭載される? 見えてきたいくつかの証拠

いまやスマートウォッチ市場のシェアで過半数を占めるアップルの「Apple Watch」に、子ども向けの機能が搭載される可能性が浮上した。保護者が機能を制限できる機能や、「Schooltime」と呼ばれる新モードの搭載などが期待されているという。こうした動きによってアップルは、そのエコシステムを子どもたちにも拡大していくことになるのか。…

続きを読む »

持続し続ける、つくり手との関係性:METHOD #11 DRIES VAN NOTEN

優れた手仕事を後世へと受け継ぐ。それはファッションデザイナーに課せられた使命のひとつだ。ランウェイを主戦場とするドリス・ヴァン・ノッテンが手がけた、アートピースと見まがう刺繍が施されたジャケット。この美しさこそ、まさにインドの手仕事に魅了され、30年以上にわたり継続するパトロネージュの結実と言えるのではないだろうか。…

続きを読む »

HTCのVRヘッドセット「VIVE Cosmos Elite」は、ハイエンドなのに時代遅れなところがある:製品レヴュー

HTCが仮想現実(VR)ヘッドセットの最上位モデルとして発売した「VIVE Cosmos Elite」は内蔵ディスプレイが高精細で、モジュラー式になっている点が素晴らしい。だが、外部センサーを利用するうえケーブルが多く、コントローラーが大きくて扱いにくいなど、やや古い製品のように感じらてしまった──。『WIRED』US版によるレヴュー。…

続きを読む »

リアルな銃を操作する「Receiver 2」は、1発の弾を撃つ行為の恐ろしさを浮き彫りにする:ゲームレヴュー

ゲーム「Receiver 2」では、銃を撃つメカニズムが並のゲームに比べるとかなり複雑になっている。このリアルな操作感は、このゲームが暗黙のうちに示すテーマを強化している。つまり、「銃を撃つのは恐ろしい」というテーマだ──。『WIRED』US版によるレヴュー。…

続きを読む »