Battlefield Vは「物語としての戦争」と「事実としての戦争」の対立にアイデンティティを見出した:ゲームレヴュー

投稿者:
戦争には、ゲームなどで語られる「物語としての戦争」といまも人々が起こしている「事実としての戦争」があり、このふたつが結びつくことはない。しかし、第二次世界大戦を舞台にしたFPS「Battlefield V」は、この分裂のなかに自らのアイデンティティを見出したようだ。心を打つ物語と、おぞましさの間に。