siteowner

人気映画の原作続編『Ready Player Two』は、AIが生成したような世界観に満ちている:ブックレヴュー

映画『レディ・プレイヤー1』の原作となったSF小説の続編『Ready Player 2』の英語版が刊行された。前作と同様にポップカルチャー満載の作品に仕上がっているが、結果として“似たような話”になった印象も否めない。まるで人工知能(AI)が生成したストーリーのように──。『WIRED』UK版によるレヴュー。

人気映画の原作続編『Ready Player Two』は、AIが生成したような世界観に満ちている:ブックレヴュー

映画『レディ・プレイヤー1』の原作となったSF小説の続編『Ready Player 2』の英語版が刊行された。前作と同様にポップカルチャー満載の作品に仕上がっているが、結果として“似たような話”になった印象も否めない。まるで人工知能(AI)が生成したストーリーのように──。『WIRED』UK版によるレヴュー。

Eight Roads Ventures Europeの「新星」ルシール・コルネ氏が女性初のパートナーに就任

 ヨーロッパとイスラエルのスタートアップ企業に焦点を当てたVCのEight Roads Ventures Europeは、ルシール・コルネ氏をパートナーに任命した。コルネ氏は同社初の女性パートナーとなる。Eight RoadsはFidelityの支援を受けており、世界で60億ドル(約6228億円)以上の資産を運用している。 Read More

大学VCの慶應イノベーション・イニシアティブが2号ファンドを103億円で募集終了

大学VCの慶應イノベーション・イニシアティブが2号ファンドを103億円で募集終了 大学ベンチャーキャピタル(VC)の「慶應イノベーション・イニシアティブ」(KII)は1月25日、2号ファンドの募集を総額103億円で1月22日に終了したと発表した。中小企業基盤整備機構をはじめとする追加出資者の参加により、2号ファンドの総額は1号ファンドの約45億円から2倍以上に拡大した。 Read More

極右に人気のSNS「Parler」がロシア企業頼みで“復活”を模索? それでも問題の解決にならない理由

極右に人気のSNS「Parler」がサーヴァーのホスティングやアプリストアといった米国のサーヴィスから締め出され、運営が停止状態にある。“復活”の鍵を握るとみられるのはロシア企業だが、ユーザーがロシアの監視下に置かれるなどのリスクも潜んでいる。