テクノロジー

Appleが買収したDark SkyのiOSアプリとウェブサイトが2022年末で終了へ

Apple(アップル)が2020年3月にDark Sky(ダークスカイ)を買収した後、かなりきめ細かな天気情報を提供するDark Skyアプリがおそらくなくなるだろうということは分かっていた。しかし同年7月にAndroid版が終了すると発表した一方で、iOS版の方ではなくすべき制限がいくらか残っていた。「今回」はiOS版は「ノーチャージ」になる、とDark Skyは述べた。

それから1年、Dark Skyのブログがわずかに更新され(9to5macが気づいた)、Dark Sky iOSアプリ、API、ウェブサイトの提供期限が案内された。共同創業者のAdam Grossman(アダム・グロスマン)氏は以下のように書いた。

既存顧客向けのDark Sky APIサービスのサポートは2022年末まで展開されます。iOSアプリとDark Skyウェブサイトも2022年末まで利用できます。

ここに解釈の余地が残されていることは指摘するに値するだろう。2022年末にシャットダウンするとは明言されておらず、ただ2022年末まで展開することを約束している。おそらくそれ以降の運命は流動的ということなのだろう。TechCrunchはこの点についてAppleに説明を求めていて、返事があるまでは今回の告知をシャットダウンが控えていることのヘッドアップとしてとらえる。

実際には今回の告知は逆にAPIとDark Skyウェブサイトのエクステンションだ。以前、ウェブサイトは2020年8月にシャットダウンされる予定だった。一方、APIは2021年末のシャットダウンが予定されていた。

今回のニュースの数日前に、AppleはiOSにビルトインされている天気アプリのオーバーホールをWWDCで発表していた。

[原文へ]

(文:Greg Kumparak、翻訳:Nariko Mizoguchi

-テクノロジー

© 2021 GAJET CLUB Powered by AFFINGER5