電子書籍貸し出しの人気が高まり、図書館と出版社の間の「緊張感」も高まっている

図書館の電子書籍貸し出しサーヴィスの人気が膨らんでいく一方で、気をもんでいる人たちもいる。売り上げの減少を懸念する出版社だ。パンデミック以降、図書館の電子書籍の取り扱い期間や部数をどうするか判断が分かれるなか、ライセンス条件を厳格化した出版社の本に対しては不買運動にまで発展した例も。政界も注目するこの「緊張感」の根っこには、デジタル時代の書籍をめぐり両者の間で長年くすぶっている問題があった。