ニュース

視覚障害者のための屋内誘導アプリという挑戦が、アクセシビリティ向上にもたらす「重要な示唆」

ケンタッキー州ルイヴィル市は、あるスタートアップと連携して視覚障害者のために音声で屋内を誘導するアプリを開発した。グーグルやアップルといった巨大テック企業の先を行く挑戦は、アクセシビリティの向上を考える際に「公共における機会均等」の側面に光を当てることになる──。通信政策を専門とするハーヴァード大学法科大学院教授、スーザン・クロフォードによる考察。

-ニュース

© 2021 GAJET CLUB Powered by AFFINGER5