テクノロジー

製造業の米国回帰を目指して溶接ロボットのPath Roboticsが56億円相当を調達

オハイオ州コロンバスのPath Roboticsが今日(米国時間5/3)、5600万ドルのシリーズCを完了したことを発表した。このラウンドはAdditionがリードし、Drive CapitalとBasis SetとLemnos Labが参加して、この溶接ロボットの企業の総資本を7100万ドルとした。

製造業の自動化という大きなパズルに、同社は溶接ロボットというピースを加えた。そのシステムはスキャン操作とコンピュータービジョンとAIを利用して、自分自身をさまざまなパーツに適応させる。パーツのサイズを理解するだけなら、それは不完全な科学だ。さらに難しいのは、反射性の強い金属を相手にするときは、ロボット工学のちょっとおもしろい問題を解かなければならないことだ。

CEOのAndrew Lonsberry氏がこのニュースに付随するリリースで次のように述べている: 「今の工業ロボットは自分の環境とやるべき仕事を理解する能力が乏しい。多くのロボットが単に言われたことを繰り返すだけで、自分を良くしていく能力がない。弊社の目標は、これを変えることだ。製造業の未来は、能力の高いロボットにかかっている」。

同社は、溶接工の不足に対応したい、と言っている。全米溶接協会によると、2024年には不足数が40万に達するそうだ。パンデミックによって多くの企業が仕事を国内でこなしたい、と思うようになっている。ここ数十年続いたオフショアリングの傾向に、そろそろ歯止めをかけたいのだ。

関連記事: Enhanced computer vision, sensors raise manufacturing stakes for robots as a service(未訳、有料記事)

(文:Brian Heater、翻訳:Hiroshi Iwatani)
画像クレジット: Path Robotics

[原文へ]

-テクノロジー

© 2021 GAJET CLUB Powered by AFFINGER5