短いテキストから“奇妙な画像”を生成するAIは、ロボットの「眼」を進化させる可能性を秘めている

短いテキストを入力するだけで画像を自動生成してくれる人工知能(AI)を、非営利団体「OpenAI」が開発した。「スパゲティでつくられた騎士」「チュチュを着た大根」といった奇妙な画像を自動生成するだけではない。物体の正確な認識に応用できることから、画像認識の精度向上のほか、ロボットや自律走行車の性能を高めるといった活用法が期待されている。