独立系VC「ANRI」が4号ファンド投資先において女性起業家比率を20%まで引き上げると発表

独立系VC「ANRI」が4号ファンド投資先において女性起業家比率を20%まで引き上げると発表

独立系ベンチャーキャピタルANRI(代表:佐俣アンリ氏)は11月24日、4号ファンド投資先において起業家が女性である企業の比率を最低でも20%に引き上げるとの投資方針を発表した。

ANRIは、多様なバックグラウンドを持つ人々が関わり合う環境や、異質な他者の存在に想像を働かせ、そして受け入れる姿勢が、従前には不可能であった様々な課題を解決する糸口のひとつであると信じているという。

この信念のもと、スタートアップ業界におけるダイバーシティ(多様性)やインクルージョン(機会均等)を推進する取り組みのひとつとして、現在運用中の4号ファンド(ANRI4号投資事業有限責任組合員)では、全投資先のうち女性が代表を務める企業の比率を最低でも20%に引き上げるとの投資方針を明らかにした。

代表の佐俣アンリ氏によると、今後ANRIの社会に対する責任をより明確にし、20%という数字をきっかけに取り組みを進化させるという。

また同社はダイバーシティ&インクルージョンの取り組みとして、まずはジェンダーから取り組みを始めるものの、今後はLGBTQ+、障がい者など多様な生き方をスタートアップという手法を通じて支援するとしている。

関連記事
独立系VCのANRIが200億円規模の新ファンド、“シードVCのDNA”残しつつ積極的なフォローオンへ
2020年版絵文字はトランスジェンダー旗や性差別のないバリエーションが満載
2020年はSTEM分野における女性の活躍の場をどう広げるべきか
VCのANRIが独自の給付型奨学金、基礎研究に取り組む若手人材をサポートへ

カテゴリー:VC / エンジェル
タグ:インクルージョン(用語)ダイバーシティVC / ベンチャーキャピタル(用語)日本(国・地域)