テクノロジー

大手3DモデルプロバイダのCGTraderがシリーズBで約10億円を調達

リトアニアの首都ビリニュスを拠点とする3DモデルプロバイダのCGTraderが、フィンランドのVCファンドであるEvli Growth Partnersが主導するシリーズBで950万ドル(約10億100万円)を調達した。以前に投資していたKarma VenturesとLVV Groupもこのラウンドに参加した。RovioのCEOだったMikael Hed(ミカエル・ヘッド)氏も投資し、取締役会長となる。TechCrunchではCGTraderがPractica Capitalから20万ユーロ(約2600万円)を調達した際に初めて記事として取り上げている

関連記事:3Dプリントと3Dモデリングが利益を生む産業として成り立つか: CGTraderに努力の一端を見る

3Dデザイナーで現在はCOOを務めるMarius Kalytis(マリウス・カリティス)氏が2011年に創業したCGTraderは、大手3Dコンテンツプロバイダに成長した。同社は世界最大と称している。同社のマーケットプレイスには110万個の3Dモデルと350万人の3Dデザイナーが登録され、Nike、Microsoft、Made.com、Crate & Barrel、Staplesをはじめとする37万社にサービスを提供している。

写真と違って、3Dモデルから静止画とARエクスペリエンスの両方を作成できるため、ユーザーは自宅に商品を置いたらどのようになるかを確認できる。同社は3Dモデリング、品質保証、アセット管理のプロセスをAIで自動化するための投資も検討している。

CGTraderの共同創業者でCEOのDalia Lasaite(ダリア・ラサイテ)氏は発表の中で次のように述べている。「3Dモデルは専門の業界で広く使われているだけでなく、eコマースで高品質な商品ビジュアルを生成する際にも便利でコスト効率の良い手段になっています。我が社のARsenalエンタープライズプラットフォームを利用すると、写真と見分けがつかないフォトリアリスティックな3Dビジュアルの作成コストを最小で10分の1にまで抑えられます」。

CGTraderは地位を固め、プラットフォームの構築をさらに進める計画だ。

同社の競合には、Shutterstockに7500万ドル(約79億円)で最近買収されたTurboSquidやThreekitがある。

カテゴリー:ソフトウェア
タグ:CGTrader資金調達3Dモデル

画像クレジット:CGTrader founders Marius Kalytis and Dalia Lasaite

原文へ

(文:Mike Butcher、翻訳:Kaori Koyama)

-テクノロジー

© 2021 GAJET CLUB Powered by AFFINGER5