大型複合イヴェントの新潮流、ヴァージニアにて誕生:ファレル・ウィリアムスが「Something in the Water」で体現した愛あるインクルージョン

投稿者:
ファレル・ウィリアムスが4月に地元ヴァージニアで開催した「Something in the Water」。ライヴパフォーマンス、アート展示、カンファレンス、ピッチイヴェントに“ポップアップ・チャーチ”──。「東海岸のSXSW」と語られ、初開催にして大成功を納めたこのイヴェントの準備期間は、わずか6カ月だった。言うは易しの“インクルージョン”は、いかに体現されたのだろうか? 伝説的な3日間を振り返る。