ニュース

地球の“解像度”を高めるべく、自律航行する調査船が海のマッピングに動き出した

自律航行型の調査船が海洋データを収集し、政府機関や科学者に提供すべく活動を続けている。その狙いは、収集したデータによって地球の“解像度”を高めることだ。風力タービンを設置する際の海底のマッピングから地球温暖化による将来的な影響の測定など、その活用の可能性に期待が高まっている。

-ニュース

© 2021 GAJET CLUB Powered by AFFINGER5