ニュース

同じ楽曲に対する歌い方の違いを分析 歌声を可視化し、歌唱技術向上に活用

お茶の水女子大学と産業技術総合研究所の研究チームは、同じ楽曲を多くの人が歌っている「同曲異唱コンテンツ」に対し、歌の基本周波数(F0)の推移をヒートマップや折れ線グラフで可視化するシステムを開発した。

-ニュース

© 2022 GAJET CLUB Powered by AFFINGER5