テクノロジー

医療VR・デジタル治療VRのジョリーグッドが10億円を調達し累計調達額約22億円に

医療VR・デジタル治療VRのジョリーグッドが10億円を調達し累計調達額約22億円に

医療VRやデジタル治療VRを展開するジョリーグッドは1月21日、第三者割当増資(シリーズC)や資本性ローンなど合わせ計10億円の資金調達を行ったと発表した。引受先は、ジャフコ グループ(ジャフコSV6投資事業有限責任組合、ジャフコSV6-S投資事業有限責任組合)、アクシル・キャピタル・パートナーズ有限責任事業組合(アクシル・ライフサイエンス&ヘルスケアファンド1号投資事業有限責任組合)、いわぎん事業創造キャピタル(岩手新事業創造ファンド2号投資事業有限責任組合)。累計調達額は約22億円となった。

調達した資金により、VRサービスをさらに多くの医療従事者やコロナ禍で心が弱っている方々に届けるために、組織体制の拡充と事業スピードの加速を行なっていく。

同社は、手術を術者目線で360度体験できるVR臨床教育プラットフォーム「オペクラウドVR」をはじめ、発達障害向けソーシャルスキルトレーニングVR「emou」(エモウ)、精神疾患向けのデジタル治療VRなど、VRとAIテクノロジーを本当に必要としている医療・障害者・精神疾患治療向けに開発・提供。

ジョリーグッドは、高精度なVRソリューションと、VR空間のユーザー行動を解析するAIによる医療福祉向けサービスを開発するメディカルテクノロジーカンパニー。VRやAIなどのテクノロジーにより、医療教育、障害者支援、精神疾患治療など、人の成長や社会復帰を加速し、医療の進化や人の生きがいを支えるサービスを様々な研究機関や企業とともに展開している。

関連記事
麻布大学が獣医学系で国内初のVR活用教育を開始、獣医外科学実習の授業に採用
外科手術や医療機器の訓練にVRを利用するOsso VRが約15億円調達
理経の防災訓練用VRがEpic Gamesの開発資金提供プログラム「Epic MegaGrants」に採択
ジョリーグッドがVRで遠隔臨床実習を行える「多接続リモートVR臨床システム」を開発
xR技術活用バーチャルライブのLATEGRAが小学館、Bilibili、トーハンから資金調達
テレビ局などにVR×AIサービスを提供するジョリーグッド、ディップらから総額4億円を調達

カテゴリー:VR / AR / MR
タグ:AI / 人工知能(用語)医療(用語)教育 / EdTech / エドテック(用語)ジョリーグッド資金調達(用語)日本(国・地域)

-テクノロジー

© 2021 GAJET CLUB Powered by AFFINGER5