ニュース

人気ゲームのデータがEAから大量流出、ハッキングの次に起きる深刻な“二次被害”の中身

大手ゲーム会社のエレクトロニック・アーツ(EA)がハッキングの被害に遭い、「FIFA 21」のソースコードやゲームエンジン「Frostbite」などを含む780GB相当のデータが流出した。ゲームに関する詳細な情報が手に入るソースコードが狙われるのは、ゲームを改ざんするチートを容易にするからだ。その“二次被害”はゲームの完全性やサーヴァーの安全性、さらにはプレイヤーのセキュリティにまで及ぶ危険性をはらんでいる。

-ニュース

© 2021 GAJET CLUB Powered by AFFINGER5