ニュース

不可能への挑戦という宿命:ドゥニ・ヴィルヌーヴ、『DUNE/デューン 砂の惑星』を語る

映像化が不可能とされてきたフランク・ハーバートの小説を原作とする映画『DUNE/デューン 砂の惑星』が日本で公開された。監督のドゥニ・ヴィルヌーヴにとって「最大の夢のひとつ」だったという大作の映画化を、いかに彼はなし遂げたのか──。その情熱と“不可能”を可能にした道のりについて、ヴィルヌーヴが語った。

-ニュース

© 2021 GAJET CLUB Powered by AFFINGER5