ロボットが活躍する「密度」が増すにつれ、機械同士のコミュニケーションが重要になる

工場から公共施設、病院にいたるまで、さまざまな場所でロボットが活躍している。一方で、ロボットの密度が高まるにつれ、メーカーが異なるロボット同士の相互運用性が課題になり始めている。こうしたなか求められているのが、ロボット同士が“コミュニケーション”できる仕組みの構築だ。