ランボルギーニの「ウラカンEVO」は、人とクルマの“頭脳”がシンクロしたような走行体験をもたらす

投稿者:
ランボルギーニの新しいスポーツカー「ウラカンEVO」は、その中枢を担うコンピューターが車体の挙動を計測しながらドライヴァーの動きを“先読み”し、どんなにハードな走行でも車体の状態を最適化してくれる。まるでクルマの“頭脳”と人間の脳がシンクロしたような走行体験を楽しめるという、このスーパーカーの魅力とは──。『WIRED』US版によるレヴュー。