ミラーワールドに欠けているもの、それは「デジタルアイデンティティ」である

投稿者:
そう遠くない未来に横たわるハイパーコネクトされた世界での生活は、どうなっているだろう? ケヴィン・ケリーは『WIRED』日本版Vol.33の特集「ミラーワールド」で、説得力のあるヴィジョンを提示している。ただ、彼のヴィジョンには重要な要素がひとつ欠けている──デジタルアイデンティティだ。Mediumに掲載されたメディアフューチャリストのロバート・ターセックの論考。