ニュース

フェイスブックを“解体”する流れは加速する? 反トラスト法訴訟で下された「画期的な判断」の意味

フェイスブック(現社名はメタ・プラットフォームズ)に対する米連邦取引委員会(FTC)による反トラスト法(独占禁止法)に基づく告訴について、米連邦巡回裁判所がこれを受理して審理に進める判断を下した。製品が「無料」でも独占状態が消費者に価格以外の損害を与える恐れがあるという理論を支持した画期的な判断は、グーグルやアマゾン、アップルなどの支配的なプラットフォームをもつ企業にも影響する可能性が出てきた。

-ニュース

© 2022 GAJET CLUB Powered by AFFINGER5