ニュース

“ビットの世界”に見るテクノロジーへの警鐘と、希望の光:ニール・スティーヴンスン『Fall』(ブックレヴュー)

SF作家ニール・スティーヴンスンの新作『Fall; or, Dodge in Hell』は、脳の神経回路をデジタルデータ化してアップロードすることで、死後も「ビットワールド」と呼ばれる仮想世界で生き続けられる世界を描いている。掘り下げた解決策が示されていない点でファンタジーの枠を出ないとはいえ、テクノロジーに警鐘を鳴らす一方で希望の光にも満ちている──。『WIRED』US版によるレヴュー。

-ニュース

© 2021 GAJET CLUB Powered by AFFINGER5