パンデミックや法規制、キックスケーター人気にライドシェアリング事業はどう再構築されるのか(前篇)

UberやLyftは交通業界をディスラプトしてきたが、新規参入が増えてからは勢いを失い、パンデミックがさらなる追い打ちをかけた。こうしたなかで大人気の自転車や、日本でも自転車道の走行を認める特例措置が新たにまとめられた電動キックボード(キックスケーター)は活路を切り開く鍵になるのだろうか? 『WIRED』US版スタッフがライドシェアリングの未来を法規制やギグワーカーなどさまざまな側面から描き出す。