テクノロジー

テスラが荒らしも多かったフォーラムを閉鎖しファンは不満、ソーシャルプラットフォームを新設

Tesla(テスラ)は「Tesla Engagement Platform(テスラ・エンゲージメント・プラットフォーム)」と呼ばれる新しいソーシャルプラットフォームを起ち上げるとともに、ウェブサイトのフォーラムを閉鎖することを計画しているが、この動きが熱烈な支持者たちのコミュニティで怒りを買っている。

Teslaはまず、新しいエンゲージメントプラットフォームを発表し、フォーラムページのトップに次のような通達を掲載した。「3月15日より、テスラフォーラムは閲覧専用となります。テスラコミュニティとの会話を続けるには engage.tesla.com にアクセスしてください」。この変更を最初に報じたのはThe Verge(ザ・ヴァージ)だった。

新しいサイトでは、投稿やスレッドを作成するのではなく、Teslaのオーナーやファンが、同社のパブリックポリシー関連の投稿や、災害救援活動を支援するための呼びかけなど、さまざまなキャンペーンにコメントして参加するようになっている。

フォーラムの閉鎖まで13日間のカウントダウンを発表した3月2日の投稿に対するリプライで「内部情報」を知っているという1人のコメンターが、Teslaはスレッドに頻繁に投稿されるスパムや荒らしに対処するための複数の専任管理者を雇う余裕がなかったため、フォーラムは閉鎖されることになったと主張した。

テスラ・エンゲージメント・プラットフォームはコメントが管理されるため、これらの荒らしはTwitterに移行する可能性が高いと思われる。

今後は閲覧専用のアーカイブとして利用できるフォーラムは、Teslaのファン、投資家、検証済みの所有者が、お互いの質問に答えたり、質問したりする場所だった。しかし、このフォーラムは管理者が不在だったので、ときには最も活発な投稿者が、懸念を表明した人々を攻撃するような環境になってしまった。新たに開設されたマイクロサイトは、訪問者にTeslaの支持活動に参加することを勧めるもので、地元のオーナーズクラブへの入会申請や、同社のポリシーチームと直接フィードバックを交わすこともできるようになることを約束している。

「Engage Tesla(エンゲージ・テスラ)は、Teslaのパブリックポリシーチームとテスラオーナーズ・クラブのための新しいプラットフォームです」と、この新しいマイクロサイトの最初の投稿には書かれている。「その目標は、私たちの全活動のためのデジタルホームベースを作成し、テスラコミュニティのメンバーが、簡単に私たちの関心事を知り、有意義な行動を取り、輪の中に留まれるようにすることです。みなさまのご参加をお待ちしています」。

最初の投稿のコメント欄をざっと見てみると、不満を抱えた多くのユーザーが、フォーラムを存続させるか、少なくとも新しいサイトでも同じようなことができるようになる(管理者つきで)ことを望んでいることがわかる。インターネット上には、Teslaやその他のEV関連のフォーラムがたくさんあるが、Tesla公式サイトのフォーラムは、所有者や潜在的な購入者が、同社の製品の良い部分と悪い部分についての正直な情報を共有する場として賞賛される一方で、毒性の砦としても槍玉に挙げられてきた。

「フォーラムを削除しないでください」と、あるコメンターは懇願している。「これは代わりにはなりません。フォーラムは、(荒らしは別にして)仲間のオーナーが問題を解決するのを助けるために、情報に基づいた議論をもたらしてきました」。

確かに、新しいプラットフォームはその代わりではないようだ。それよりも、業界ニュースやTeslaのイベント、キャンペーンを知らせるためのブログのように見える。Teslaの支持者がすでに行っている活動を1カ所に集め、会社の味方となるさらなる支持を促すための取り組みだ。例えば、シリコンバレーのテスラ・オーナーズ・クラブでは、同社の新工場が建設される地域を囲むテキサス州デル・ヴァジェのコミュニティを支援するために、すでに1万ドル(約108万円)の寄付金を集めている。

誰もが批判者というわけではない。プラットフォームの最初の投稿に寄せられたコメントの多くは、管理者つきのフォーラムを求めるものだが、中には同社のカスタマーサービス部門の改善を提案するものや、公共の充電インフラを支援するためのリソースを求めるものもある。新しいエンゲージメントプラットフォームはまだ始まったばかりだ。Teslaのファンが実際にどのようにエンゲージメントするのか、見守ることにしよう。

関連記事:テスラやライバルのリビアらが団結しEVの直接販売法制定を目指す

カテゴリー:モビリティ
タグ:Tesla電気自動車

画像クレジット:Tesla

原文へ

(文:Rebecca Bellan、翻訳:Hirokazu Kusakabe)

-テクノロジー

© 2021 GAJET CLUB Powered by AFFINGER5