ニュース

スマートフォン出荷が激減、事業撤退もあり得る「3社」の苦境

大手メーカーのスマートフォンの出荷台数が、2018年に軒並み減少した。こうしたなか、業界アナリストが撤退の可能性を指摘するメーカーが3社ある。ソニー、LGエレクトロニクス、そしてHTCだ。次世代通信規格「5G」や有機ELテレビ、VRなど今後の鍵を握る技術がそれぞれあるなかで、各社はどんな決断を下していくことになるのか?

-ニュース

© 2021 GAJET CLUB Powered by AFFINGER5