ガジェット

キューブリックが「最も恐ろしい映画」と評する『ザ・バニシング -消失-』 30年越しの日本公開決定[ホラー通信]

日本未公開のサイコロジカル・サスペンス『ザ・バニシング -消失-』が、30年の時を経て日本での劇場初公開決定。1988年に各国の映画祭で話題となった本作は、スタンリー・キューブリック監督が3回鑑賞し、「これまで観たすべての映画の中で最も恐ろしい映画だ」と...続きを読む

-ガジェット

© 2021 GAJET CLUB Powered by AFFINGER5