アディダスはデータとロボットをフル活用し、まったく新しい構造のシューズを生み出した

アディダスがアスリートから取得したデータとロボットを組み合わせることで、まったく新しい構造のシューズを開発した。新技術「STRUNG」では、ロボットが何千本もの糸をシューズのアッパー全体に配置することで、縦横無尽に糸が走った軽量なシューズをつくりだす。ソフトウェアによって多様な用途に最適化できる新技術は、量産面でもさまざまな利点があるという。