アテンションエコノミーが過剰化する時代に求められる、人・自然・情報が調和した「カーム・テクノロジー」というコンセプト:mui Labインタヴュー

「1人あたり4台」というデヴァイス過剰な情報環境で生きるわたしたちは、ますます希少になる人々のアテンション(=関心・注意)が価値を生む「アテンションエコノミー」の時代を生きている。いまこそ、電気のスイッチのように生活に溶け込み、人が無意識的に活用できる「カーム・テクノロジー」の重要性が高まっているのかもしれない。京都のIoTスタートアップ・mui Labが語る、人々のウェルビーイングに貢献し、よき生活の実現に資するテクノロジーの現在地。