その“ロボット犬”は自ら学習し、どれだけ倒されても起き上がる方法を身につける(動画あり)

倒されても進路をじゃまされても、体勢を立て直す方法を自ら学習する──。そんな四脚の“ロボット犬”を、中国と英国の研究チームが開発した。試行錯誤しながら学んでいく頭脳の中核をなすのは、さまざまな動作をつかさどる8つの“エキスパート”と呼ばれるアルゴリズムだ。