『2001年宇宙の旅』は半世紀前に未来を予言していた(前篇)

投稿者:
人工知能「HAL 9000」やコンピューターディスプレイ──。スタンリー・キューブリック監督の伝説的映画『2001年宇宙の旅』(1968)をいま振り返ると、数々の“未来”で満ちていたことがわかる。WIRED CONFERENCE 2020の終盤(12月4日)テーマ「Sci-Fiプロトタイピング」に連動した特集は、世界的に有名な理論物理学者スティーブン・ウルフラムが子ども時代の回想を交じえながら、細部までつくり込まれた名場面をひも解くロングストーリーで幕を開ける。