ニュース

「国境の壁」の未来──動きだしたスマートボーダーの光と影

メキシコとの国境に「大きくて美しい壁」を築くと宣言してから2年。トランプ大統領は建設予算をめぐり国家非常事態宣言も辞さない構えを見せ、連邦政府機関の一部閉鎖が続いた。物理的な壁の建設へのカウンターとなっているのが、AIとレーダー、ドローンなど最先端テクノロジーを使った「スマートボーダー」。その開発者こそ、あのオキュラスの創業者であるパーマー・ラッキーと、ピーター・ティール率いるパランティアの元幹部たちだ。国境警備システムの再発明を目指す彼らの挑戦を追った。

-ニュース

© 2021 GAJET CLUB Powered by AFFINGER5