「共生的監視」は、「人々の自由」を奪うのか?:ケヴィン・ケリーとの対話(6)「get WIRED」

投稿者:
監視社会の到来を、実は人々は自ら望んでいるのかもしれない──。 科学やテクノロジーと人類との関わりを考え続ける稀代のBig Thinkerであり、『WIRED』US版の創刊エグゼクティヴエディターを務めたケヴィン・ケリーが語る未来。本誌編集長の松島倫明との対話「get WIRED」新シリーズ、その第6回をお届けする。