「ニューロダイヴァーシティ」を受け入れるために、あるべき教育の姿を考える:伊藤穰一

投稿者:
発達における多様性を考えたとき、教育分野では特に対応が遅れている。複雑さと不確定性の時代が幕を開けるなか、「ニューロダイヴァーシティ(脳の多様性)」を受け入れて尊重することが、この変化を生き抜く上での鍵となるのではないか──。マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボ所長・伊藤穰一による『WIRED』US版への寄稿。